無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

芸能界 新しいトレンドはクオーター

  1. 2009/07/13(月) 16:03:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
このところの芸能界の隠れたトレンドとして、クオーターに注目が集まっている。

 クオーターは言うまでもなく外国人の血が4分の1流れていることだが、最近は祖父や祖母が他国籍のクオーターのタレントが急増し、ハーフ以上にもてはやされ、活躍しているのだ。

 たとえば、映画やドラマの世界では――。

 日米のクオーターでは、祖父がネーティブアメリカンの個性派俳優の浅野忠信、母親が日米ハーフの観月ありさ、祖父が米国人の香椎由宇。祖父がスウェーデン人の仲里依紗のようなタレントもいる。

 ちなみに浅野は主演映画「劔岳 点の記」が大ヒット中。香椎はキリンビールのCMで連日顔を見かける人気者。観月の活躍はいまさら言うまでもないし、仲は若手で急成長中の女優だ。

 音楽界も見渡せば、クオーターが多い。母がイタリア系米国人とのハーフなのがAI、祖父がトリニダード・トバゴ人なのが青山テルマ。

 また、父がイタリア系米国人とのハーフなのがISSAで、先ごろISSAとの熱愛が報じられた人気モデルの藤井リナも偶然にもクオーターで、父親が日米のハーフなのだという。

 モデルではタレントとして活躍する梨花の祖母がフランス人だ。

 なぜ、最近、クオーターのタレントが増えているのか。放送作家が次のように分析する。

「一言で言えば、クオーターはハーフほど構えなくていいのが大きいと思う。ハーフは顔立ちもクッキリして目立ち、キャラが立っているけど、外国人っぽさが強くて近づきがたいイメージがある。それに比べると、クオーターは当然ハーフよりも薄まっているから、日本人に近くてまろやかで親近感があります。しかも、それでいてクオーターは日本人ほどノッペリしている感じがなくて、彫りは深いし、目鼻立ちも整っていてイケメン・美女揃い。ありていに言えば、クオーターは日本人が抵抗なく憧れる対象になっているということです」

 これまでは滝川クリステル、山本モナ、沢尻エリカのようなハーフがもてはやされたが、これから主流になるのはクオーターということか。これからクオーターのタレントがどんどん出現しそうだ。

注目番組の視聴率

  1. 2009/07/10(金) 16:03:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
夫婦対決の初戦を制したのはどっち??

《11.4%》

《13.5%》


 注目の“夫婦対決”は夫に軍配が上がった。

 1日にスタートした橋田寿賀子ドラマ「となりの芝生」(TBS)と、「新・警視庁捜査一課9係」(テレビ朝日)。「となり」に瀬戸朝香、「9係」に井ノ原快彦が出演している。2人は07年9月に結婚し、井ノ原はV6で唯一の妻帯者として活動している。

 で、数字がどうだったかというと、「となり」が11.4%、「9係」が13.5%だった。初戦は井ノ原が制したことになる。もっとも、役柄の話題性で言えば泉ピン子にいびられる嫁役の瀬戸も捨てがたく、毎週水曜に行われる“夫婦対決”に今後も注目。


●男たちの熱いドラマだった映画「富士山頂」

《12.8%》


 週末の話題はやはり石原裕次郎23回忌法要だろう。テレビはテレビ朝日が独占し、土曜は19時から特別企画「『裕次郎が遺したもの』〜スーパースター伝説〜」、21時から映画「富士山頂」を放送。「スーパースター伝説」9.9%、「富士山頂」12.8%。

 また、日曜日15時30分から放送した国立競技場での23回忌法要の独占生中継は10.2%。

 興味深かったのは「富士山頂」。裕次郎、勝新太郎、宇野重吉、山崎努、芦田伸介、渡哲也とさすがに豪華キャスト。内容は男たちの熱〜いドラマで、裕次郎の映画製作へのこだわりの根っこにあるのは「これか」と実感することができた。

演技派お笑い芸人の第1位は宮迫に!徳井やハチャメチャ芸人ホリケンもランクイン!

  1. 2009/07/08(水) 16:04:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
宮迫はドラマや映画への出演回数も多く、映画『純喫茶磯辺』では主役も務めている。また、日本でも8月21日より公開されるNASAの記録フィルムを、ドキュメンタリータッチでつづった映画『宇宙(そら)へ。』では全編に渡ってナレーターを務めているのだが、その落ち着いた声量のあるナレーションは最後まで宮迫とはわからないほどだ。そのあたりはきちんと評価されているようで、30代女性は「存在感があるし、幅が広い」とコメント。40代女性は「顔も男前で演技も上手です。時代劇でもドラマでもできるのがすごい」とコメントするなど“役者宮迫”を認知している。

 第2位は宮川大輔で、映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』『ガチ☆ボーイ』などで主役に勝るとも劣らない存在感を見せ付けているだけに納得の順位だ。10代女性に「よくドラマにも出てるし、舞台まで……バラエティーで見る宮川と演技の宮川は別人みたい」や30代女性の「芸人さんなのに出るドラマごとに役の顔になれる人。芸人としても面白いし俳優としての活躍もこの先楽しみです」など幅広い層に支持されているのが特徴的だ。第3位にはバナナマンの設楽統が自然な演技を評価されてランクイン。第4位に劇団ひとり、第5位に塚地武雅、第7位に徳井義実、第9位のオードリーの若林正恭は、オードリーの漫才での演技力を評価されてのランクイン。意外だったのはそのハチャメチャぶりが目立つ堀内健が第10位にランクイン。実はあのハチャメチャぶりはすべて演技?

秋山奈々

  1. 2009/07/02(木) 00:05:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
秋山奈々   身長154cm B84-W59-H84 19歳 東京都出身



DTIブログって?

close