無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

史上初の悪のウルトラマンに宮迫博之が!ウルトラマンベリアルの声に異例の抜擢!

  1. 2009/10/13(火) 12:30:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
ウルトラマンシリーズ最新作映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』でシリーズ史上初の悪のウルトラマンであるウルトラマンベリアルの声を雨上がり決死隊の宮迫博之が担当することがわかった。

芸人としてだけではなく、ドラマや映画のナレーションなどでもその演技力に定評のある宮迫だけに円谷プロをはじめとする製作委員会各社が満場一致で、この起用を歓迎したらしい。この抜擢を受けた宮迫は、「子どものころから観ていたウルトラマンに出演できるということでとてもうれしかったです。でも、完全なる悪役で、子どもにも、また悪者なの? と言われました。映画が出来上がったら子どもと一緒に見ようと思っています」と憧れのウルトラマンシリーズに出演できる喜びを語った。宮迫は、初代ウルトラマンを観ていたらしく、「印象が強いのは、初代ウルトラマンの最終回。(独特のエコーがかかる)ウルトラマンとゾフィーの会話をよくマネしてましたね」と収録スタジオでもその声マネを披露し周囲のスタッフを沸かせていた。

 ウルトラマンベリアルは、そのいでたちが公表され、凶悪な姿がファンの間で大きな話題となっていたが、宮迫による個性たっぷりの声が吹き込まれることで、悪役ウルトラマンとしての魅力により磨きがかかったといえよう。

 映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』は、海外ドラマ「パワーレンジャー」シリーズなどを手掛けた坂本浩一が監督を務め、総勢100体の大怪獣軍団とウルトラ戦士との一大決戦を活写する。おなじみのウルトラ兄弟に加え、初登場のウルトラ戦士たちのほか、43年間のシリーズの歴史で初めて姿を現わす悪玉“ウルトラマンベリアル”など、注目ポイントが満載だ。

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』は12月12日より全国公開

蝶野&武藤&小橋“越境トリオ”豪華競演!

  1. 2009/10/12(月) 12:31:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
「新日本、蝶野正洋25周年特別興行」(12日、両国国技館)

 蝶野正洋(46)がデビュー25周年興行で武藤敬司(46)=全日本、小橋建太(42)=ノア=とメジャー3団体の越境豪華トリオを初結成。中西学(42)、秋山準(40)=ノア、小島聡(39)=全日本=の“第三世代”チームを粉砕した。またIWGPヘビー級王者・中邑真輔(29)は初防衛に成功し、次期挑戦者に名乗りを上げた棚橋弘至(32)との新日本11・8両国大会でのV2激突が決定的になった。

  ◇  ◇

 勝負を決めたのは2度の3者夢競演だった。蝶野が「STF」、武藤が「足4の字固め」、小橋が「コブラツイスト」を同時に敢行し、相手組のスタミナを強奪。最後は中西に対して武藤が閃光魔術、小橋がラリアートを連続発射し、蝶野が閃光ケンカ弾でトドメを刺した。異例の44選手が集った記念興行を締めるにふさわしい、豪華すぎる瞬間だった。

 「本当に楽しかった」(小橋)、「手を抜こうかなとも思ったけど、頑張っちゃった」(武藤)という相棒を隣に、蝶野は「お客さんの雰囲気に興奮した。緊張した」と、安どの表情だった。

 8月から大会場を満員にした武藤、故三沢光晴さんの名が冠につくメモリアル興行の大トリで、関係者は「動員をかなり気にしていた」と明かす中、1万1000人のファンが集結した。

 今後の目標は明確だ。「プロレス界に風が吹いている。それを人気につなげたい。プロレスは総合格闘技やどこにも負けない自信がある」。この夏、業界についた勢いを継続させるつもりだ。

 首と腰のダメージは完治不可能だが、8月4日にはドイツ人デザイナー、マルティナ夫人との間に第2子となる待望の長女が誕生した。公私ともに充実した蝶野がプロレス復興へ、“黒い頭脳”をフル回転させる。

山城さんとキス…週刊誌に売り込むも相手にされず

  1. 2009/10/10(土) 22:34:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
嚥下(えんげ)障害による肺炎のため8月12日に70歳で亡くなった俳優・山城新伍さんをしのぶ「お別れの会」が9日、都内のホテルで開かれた。

 俳優仲間の梅宮辰夫(71)や松方弘樹(67)らが発起人となり、親交があった菅原文太(76)、長門裕之(75)、中村玉緒(70)ら約140人が出席した。


 献花台の上には遺影とともに代表作「白馬童子」のスチールも飾られ、グラスに注がれたワインが供えられた。


 長門は「あいつが行くと天界の空気が汚れるんじゃないか」と悪態をつきながら「勝手気ままなやつだったが、いなくなると寂しいよ」とポツリ。和田アキ子(59)は「よく飲みに連れて行ってもらいました。送ってくれて玄関でキスしたこともあります。写真週刊誌に電話で売り込みましたが、“ふざけないでください”としかられたこともあったんですよ」と秘話を明かした。

そこまでやるか品川祐 「パナソニック」を連呼

  1. 2009/10/09(金) 22:35:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
人気番組「アメトーーク!」で、家電芸人の1人に「松下さん」とのニックネームが付いた。パナソニックの家電ばかりを紹介したためだが、どうしてそこまで熱心なのか。

「最近は『松下さん』と呼んでいるんですよ」
マニアのうんちくで笑わせるのが、「家電芸人」。テレビ朝日系の人気バラエティ番組「アメトーーク!」で、2008年6月19日にコーナーができて以来知られるようになった。

番組は、メーカーの機嫌を伺わず、消費者サイドからのトークが売り物という触れ込みだ。芸人の一言で、家電商品が品切れになることもあったようだ。

09年10月8日夜の放送も、いつもの家電芸人が顔をそろえた。景気を良くするため、彼らが立ち上がったとの想定で番組がスタート。テレビの最新商品などの話が進み、説明書を全部読むべきかという話題になったときだ。お笑いコンビ「品川庄司」のボケ役、品川祐さん(37)がこう口を開いた。

「ケータイと一緒で、おんなじ機種を買い続ければ、そこまで読まなくていいんですよ。だから、それのレベルアップバージョンを買えばいいんですよ、ずっと」
そして、お笑い芸人の土田晃之さん(37)が「品川さんは?」と水を向けると、「ボクはパナソニックさんを、ディーガをずっと買い続けていますけど」と得意げに語った。

すると、司会で雨上がり決死隊の宮迫博之さん(39)が、またかという顔をして、「出た!パナソニックばっかり言うんですよ」。続いて、土田さんが、相づちを打ちながら、こんなエピソードを披露したのだ。

「最近は、品川さんと呼ばないんです。『松下さん』と呼んでいるんですよ」
「家電刑事」としてPR活動していた
これに対し、品川祐さんは、「松下さん」と呼ばれたことを気にもかけない様子だ。

「創始者です」と故・松下幸之助氏を紹介したうえで、「ビエラのモニターが新しくなりますよね…」などと、しゃべり始めた。パナソニックのリンク機能のおかげでリモコン1個で制御できること、操作性がよいため買い替えても大丈夫なことなどを長々と語った。まさに、お笑い芸人の有吉弘行さん(35)から名付けられた「おしゃべりクソ野郎」の面目躍如だ。

ところがだ。ネット上では、品川さんがなぜパナソニックのことばかりしゃべるのかについて、ある指摘があった。芸能情報サイト「ワイド芸能ショー」の2009年10月9日付エントリーによると、2ちゃんねるでは、品川さんが宣伝契約していたことが話題になっており、調べてみると、「家電刑事」としてパナソニックのホームページでPR活動をしていたというのだ。

確かに、同社には、このサイトがあり、家電をよく知らない若手芸人を取り調べる品川さんの「活躍」ぶりが出ている。その中には、ビエラリンクのことなどが載っていた。

アメトーーク!では、品川さんは、女優の米倉涼子さん(34)が主演テレビドラマのことを話し始めたことに対し、「これ、真っ正面から番宣ですよね」と突っ込んでいた。これは、自らがパナソニックの宣伝であることを裏返しに言ったウケ狙いなのだろうか。

藤原竜也「カイジ」に早くも続編の声

  1. 2009/10/08(木) 22:35:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
映画「カイジ 人生逆転ゲーム」(佐藤東弥監督)の初日舞台あいさつが10日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2で行われ、藤原竜也(27)天海祐希(42)らが出席した。負け組からの脱却を図る主人公を演じた藤原は、続編があったら? と聞かれると「まじめに生きていてほしいですね」。香川照之、山本太郎らに「それじゃ続編にならない!」とツッコまれ、慌てて「もう1度、自堕落な生活を送っていてほしい」。佐藤監督は続編への意欲満々だった。

DTIブログって?

次のページ
close