無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

春日彩香、14歳の水着姿

  1. 2012/07/26(木) 18:08:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ガールズユニット「@らぶ!」のメンバー、春日彩香(14)がこのほど、ファーストDVD「純心美少女」(アースゲート)を発売した。

 身長158センチ、B80・W61・H86のナイスバディー。おっとりした性格の春日。DVDでは沖縄の太陽のもと、恥ずかしがりながらも小さな水着で大胆露出している。

tityi8589569tyi

内山薫

  1. 2012/07/16(月) 17:02:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
現役女子高生アイドルとしてDVDリリースなどを続けるほか、アイドルグループ「TIME」のメンバーとしても活躍している内山薫さんが、DVD&BD『みつめてたい』(タスクビジュアル)の発売記念イベントを開いた。

rtyu457458458

「悩んでんのよ、私」 AKB高橋に、他のメンバーが言いたい放題

  1. 2012/07/12(木) 23:00:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
11日深夜放送、日本テレビ「AKBINGO!」では、「ご指名アンサー!答えてトーゼン!」なる新企画クイズコーナーの模様が放送された。

この企画は、ディーラーが、普段から共に行動するメンバーであれば当然答えられるであろう自分に関するクイズを用意し、回答者を指名。答えられなければ、クリームが浴びせられるというものだ。

今回、ディーラーとなったのは、高橋みなみ。最初こそ好物であるかつ丼を尋ねる初歩的な問題を出したが、その難易度は徐々に上がる。すると、「これは、AKBのメンバーも“そうだったの?”となるAKBの新事実かもしれません。私達AKBは、デビュー前“芸名を考えなさい”と事務所から言われました。トーゼン、高橋みなみが考えた芸名も知っている?」というクイズを用意し、回答者に峯岸みなみを指名した。

当の峯岸は「本当に知らない。やだ帰りたい。本当に知らない」と大慌て。「マリア」と適当に答えて、クリーム砲の餌食になったが、高橋は「同じ名前で、あなたは変えようとしたの。私は変えません」と、実は当初から"本名のまま"でいこうとしたことを明かしたが、話しの流れから、峯岸が考えていたという芸名を告白する羽目に。嫌がりながらも「みみちゃん」という名前を口にして周囲から笑われることとなった。

また、「トーゼン、今一番タイムリーな私の悩みがわかる?」という質問を読み上げた高橋は、「悩んでんのよ、私」と言いながら、回答者に松原夏海を指名。松原は「トーゼン、ファッションセンスがないこと」と答え、クリーム砲を浴びたが、他のメンバーも「背が小さいこと」(北原里英)「オイリー」(再び松原)と言いたい放題。小嶋陽菜に至っては「頭のカタチが変」とまで言い放ったが、その悩みとは、身長が縮んだ(148.5cmが148cmになった)という内容だった。

『マルモのおきて』の時とすっかり変わった芦田愛菜

  1. 2012/07/03(火) 20:29:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
昨年大ブレークした人気子役の芦田愛菜と俳優の豊川悦司が父娘役を演じたドラマ「ビューティフルレイン」(フジテレビ)の初回が2日放送され、平均視聴率が12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だった。

 「同じ日曜午後9時枠の前作でオダギリジョー主演の『家族のうた』が平均視聴率3.9%と大惨敗。それだけに、制作サイドは並々ならぬ意気込みで、まさに“神頼み”にも近い心境で芦田をキャスティングし主題歌『雨に願いを』を歌わせている。ただ、ストーリーが、父親が若年性アルツハイマーと診断され、それに父娘がどう向き合うかというよくある話だけに、どこまで視聴者の共感を呼べるかがポイント」(テレビ誌記者)

 芦田は番宣で大活躍し、初回から30分拡大で放送されたが、それにしては、視聴率がやや物足りなかった気がするのだが…。

 「芦田が大ブレークした昨年放送のドラマ『マルモのおきて』(フジ)はそれほど期待されていなかったにもかかわらず、初回が11.6%で同時間帯にTBSで『JIN-仁-』が放送されていたにもかかわらず、回を重ねる事に視聴率がアップし、最終回は23.9%だった。以後、売れっ子となり、芦田人気を当て込んで昨年10月に放送されたスペシャル版は16.7%を記録した」(同)

 とはいえ、昨年と今年で芦田を取り巻く環境はがらりと変わってしまったというのだ。

 「今や15本のCMに出演する売れっ子となり、昨年は自然に出ていた『かわいらしさ』のオーラが消え、すっかりプロ女優の顔つきに変わってしまった。舞台裏では芦田自ら、ほかの女の子の売れっ子子役との共演にNGを出すなど、周囲の大人が物申せぬ“大女優”となった」(芸能記者)

 同ドラマのライバルは、なかなかハズれないと言われている医療ドラマで向井理主演の「サマーレスキュー」(TBS)だけに、芦田の真価が問われることになりそうだ。

DTIブログって?

close